■スマホなど小さな画面のメニューは右上「三」クリック。青色かアンダーラインのクリックでリンク先に更新: 2024/04/20 23:00 )

※2023/09/10 HPの契約容量に達したため、過去の情報などについて削除や再整理をしています。 


4月20日(土)午後2時から、パルコ前でパレスチナ連帯スタンディング(さよなら自民党!)が行われ、10人(+2)の仲間が参加してくれました。

+2は、インドネシアから来日中の若いカップルが一緒にスタンディングしてくれて、写真に収まりました。

今日も通りすがりに賛同の意を表してくれる人が沢山いました。日本人もです。

 

 

一昨日、イスラエルはイランへの報復攻撃を仕掛けました。しかし、限定的な攻撃で、心配された原子力施設への攻撃は無かったようです。双方共に報復合戦のエスカレートは避けたいという思惑が一致したのでしょう。

しかし、現地の飢餓状況は変わっていません。依然としてイスラエルは食料、救援物資の搬入を規制しています。それでも瓦礫の街に人々は戻りつつあります。いくらイスラエル軍が銃撃、砲撃を浴びせようとも!

 

アメリカではコロンビア大学でキャンバスの一角を占拠して学生たちがパレスチナ連帯キャンプを始めました。大学側はリーダーたちを停学、退学させようとしており、警察が退去させようと大学を包囲していますが、にらみ合いが4日目を迎えています。イェール大学の学生たちを初め、連帯する動きが始まっています。こちらにも注目していただきたいと思います。

 

私たちのスタンディング。次回は、来週の水曜日です。

4月24日、午後2時〜 パルコ前 です。

 

多くのみなさんの参加をお願いします!

(Kさんからの報告です。)


 

自衛隊への新規学卒者等の名簿提供の中止を求めます(要請質問)

 

 札幌市が自衛官募集に協力する目的で18歳と22歳になる市民の個人情報を名簿化して自衛隊に提供している問題で、戦争させない市民の風・北海道として、市に提供中止を求める要請書を17日、提出しました要請書提出は2023年以降、3回目です。

 

 昨年11月の参議院外交防衛委員会で「自衛隊へ名簿提供を行うべきか否かは、地方公共団体が適切に判断するもの」との政府答弁を踏まえ、「改めて名簿提供の中止を市に求める」「国が名簿提供は強制ではないことを認めている。秋元克広市長はどう考えるのか問う」ものです。。

北海道新聞(2024年4月17日)

 

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/1001702/

 

ダウンロード
自衛隊への名簿提供中止要請書 市民の風2024.4.17.docx
Microsoft Word 22.4 KB

4月17日(水)午後2時から、パルコ前でパレスチナ・スタンディングが行われ、10人の仲間が参加してくれました。

 

今日は反応が良かったので、嬉しくなりました。

私たちのスビーチを熱心に聞いてくれる女性がいました。また、以前私たちがやってる前を自転車で通り過ぎた際、「毎週水曜日と土曜日にやってると聞いたので、来てみました」と、一緒に立ってくれた女性もいました!

 

「イスラエルの侵攻に反対の声をあげたいと、ずっと考えていたので、一緒に立つことができてよかったです」と感想を述べていただき、また参加しますと約束してくれました。他にも、声援を送ってくれた方も。

先日の北大生といい、今日の女性といい、何かのきっかけがあれば、軽やかに参加してくれる人が少なくないんだと思いました。

 

いつものように、通り過ぎる外国人の方からは、親指を立てて賛意を示すなど、いろんな形で賛同を表明していただけました。

 

ガザでは、イスラエルが撤収したというので「北へ帰り始めた」人々を狙った爆撃が繰り返されています。

 

私たちのスタンディング。次回は、次の土曜日です。

4月20日、午後2時〜 パルコ前 です。

 

多くのみなさんの参加をお願いします!

 

(Kさんからの報告です)


4月13日(土)、午後2時から、パルコ前でパレスチナ・スタンディングが行われ、7人の仲間が参加してくれました。

 

今日は、中央区実行委員会の「自民党政治に終止符を! 政治の展望を語り合う市民の集い2024」と重なってしまい、いつも参加してくれる仲間もそちらへ参加するなどで、少し減りましたが、暖かくて反応も良いので楽しくスタンディング出来ました。

 

Sさんのリードで「パレスチナに平和を!」を合唱。Kさんも反戦フォークを披露してくれました。

先週、飛び込みで参加してくれた北大生のTさんも、また来てくれました。

いつものように、通り過ぎた外国人の方から何人も賛同の意を表明していただけました。

 

イスラエル軍はガザ南部から一部撤収したとされていますが、ガザ全土への空爆はさらに酷くなっています。この週末は、西岸地区へのイスラエル軍と入植者によるパレスチナ人へのテロ攻撃も激しくなっており、犠牲者も多数出ているようです。

ネタニヤフは再三にわたってラファ制圧を宣言し、「誰も我々を止める事は出来ない」などと、世界中にケンカを売っているとしか思えません。一方では、イランからの報復攻撃を恐れて、国内への外出禁止令を出すなど、さらに戦争体制を強化しています。

 

私たちのスタンディング。次回は、次の水曜日です。

4月17日、午後2時〜 パルコ前 です。

あらためて多くのみなさんの参加をお願いします!


4月10日(水)午後2時から、パルコ前でパレスチナ・スタンディングが行われ、11人の仲間が参加してくれました。

 

 社民党の次期衆院選予定候補者の鳴海一芳さんと浅野道連幹事長が駆けつけてくれました。お二人から連帯のあいさつをいただき、ちょっとにぎやかなスタンディングになりました。

 

 いつもながら、外国人の方からの反応は良いのですが、今日はイギリスから来ているという方が、熱心に私たちの話を聞かれ、時間が空けば今度は参加したいと言ってくれました。

 

 ガザ南部から一部撤収したと言われているイスラエル軍ですが、空爆はさらに酷くなっているようです。

ネタニヤフは再三にわたってラファ制圧はすると明言しています。まだまだギリギリのところで駆け引きが続いているという事でしょうか。

 

 あの10・7から半年もが過ぎてしまいました。すでに1万3千人以上の子供たちが犠牲になっています。

 多くの子供たちが毎日毎晩、四六時中爆撃に晒され、いつ死ぬか分からない日々を強制されているのです。

 他の親族は空爆で全滅し、孤児となった子供たち。

 爆撃による負傷で、麻酔も無く四肢切断に合う子供たち。

 飢餓を強制され、痩せ細っていくばかりの子供たち。

 想像を絶する残酷な現実を小さな身体で受け止めなければならない子供たち。

 これが日常になってしまっている現実は、早急に改善されなければなりません。

 しかし、未だにこうした明白なジェノサイドを止められないでいる国際社会とは何なんでしょうか。

恥ずべき現実です!

 

私たちはさらに声を大きく上げて行かなければと考えています。

次回は、今週の土曜日です。

4月13日、午後2時〜 パルコ前 です。

あらためて多くのみなさんの参加をお願いします!

 

(Kさんからの報告とお願いです)


4月7日(日)、午後1時から札幌駅南口広場にて、パレスチナ医療奉仕団の呼びかけによる集会とデモが、10・7から半年となる全国一斉行動の一環として取り組まれ、私たちも参加しました。

 

 最初の1時から30分までは、「赤い涙」アクションの若者たちが前面に出て、通行する人たちに赤い涙を書いてもらいました。 その後、集会が開かれ、猫塚先生や医療奉仕団のメンバー、赤い涙アクションの若者たちがリレースビーチを行いました。

 集会後のデモには、100人以上の人たちが参加し、駅前通り〜大通公園〜市役所前まで青空の下、元気に「フリー、フリー、ガザ!」などのコールを繰り返しながら、行進しました。

 参加されたみなさん、お疲れ様でした!

 私たちが続けて来たパルコ前スタンディングも、昨日の予定を今日に変更し、奉仕団のデモに合流しましたが、来週はまた水曜日、午後2時から水・土スタンディングを再開して行きます!

あらためてご協力と参加をお願いします! (Kさんからの報告です)


4月3日(水)午後2時から、パルコ前でパレスチナ・スタンディングが行ない、9人の仲間が参加してくれました。

 

(以下、Kさんからの報告です)

 道行く人たちの反応は、いつもながら良かったと思います。

また、今日は北大生という若い人が特別参加してくれて、マイクも握ってくれました! 若いのに、しっかりとした主張をしていたと思います。彼は、7日の札幌駅南口広場での集会にも参加してくれるらしいので、これからも一緒に活動出来れば良いと期待しています。

 

 今日の主張の中心は、やはりシファ病院の惨状で、ほとんどの犠牲者が戦闘などではなく、無抵抗のまま惨殺されていった事が明らかです。

まさに「鬼畜の所業」としか言いようのない残虐性です。

 

 シファ病院では400人以上が虐殺され、900人以上が拉致されたと言われていますが、西側メディアは、NPO職員7人の死の方が問題なようです。イスラエル軍とも調整しながら食料供給を担っていたワールド・セントラル・キッチン(WCK)というNPOのクルーが乗った車がイスラエル軍の標的になりました。

 

 第一撃で7人全員が死亡した訳ではなく、何人かは生存して別の車で病院に向かったようですが、その車が再び爆撃を受けたのです。それでも生き残った人が、さらに別の車に乗り移って逃げようとしたのですが、その車も3度目の攻撃を受け、結果的に7人全員が殺害されるという事になった訳ですが、こうした執拗な攻撃が、他のNPOに対する「見せしめ」として注目されているのです。

 

 アルジャジーラに対する活動停止命令と共に、民族浄化の「邪魔者は殺せ」という事なのでしょうか。

これでNPOがガザを離れる事になれば、さらにやりたい放題で殺しまくる事が可能になると言う事です。もはや狂気のシオニスト国家の暴走は止められないのでしょうか?

 それでも少しずつイスラエルの孤立化は深まっています。

即時の停戦を求める声は大きくなっており、ラファ突入は難しい情勢です。

 

 私たちもここで声を上げ続ける事を止める事は出来ません。

一層強化していかなければならない局面だと思います。

 

 次回は、6日土曜日の予定でしたが、翌日7日に猫塚先生たちのパレスチナ医療奉仕団の集会・デモが準備されていますので、そちらに合流したいと思います。

 

 したがって、4月7日午後1時〜札幌駅南口広場 となります。

力を合わせて、札幌のパレスチナ連帯運動を盛り上げて行きましょう

あらためて多くのみなさんの参加をお願いします!

 


 「市民の風」関連活動です


X(旧Twitter)


  風 Tube

 Kaze Livesquad  市民の風ライブ隊

 市 民 連 合

◆市民連合HP
https://shiminrengo.com

市民連合は2023年8月8日立憲民主党に「立憲野党と市民の共闘で、憲法9条と13条の政治の実現を」を手交し、要請を行いました。

※8月9日れいわ新選組に、8月10日社会民主党と日本共産党に要請予定。沖縄の風は日程調整中。

ダウンロード
立憲野党と市民の共闘で憲法 9 条と 13 条の政治の実現を(20230810)
PDFファイル 307.4 KB

市民連合のホームページに「市民の風・北海道の 報告」が掲載されましたのでお知らせします。

社会運動は野党共闘の基盤、社会運動と野党選挙共闘は両輪である。 宮田和保(「戦争をさせない市民の風・北海道」会員)

https://shiminrengo.com/archives/6012


 戦争させない1000人委員会

 戦争をさせない1000人委員会の「どうかんがえる?」シリーズの第7弾として「どうかんがえる? 物価高・増税・軍拡」を作成しました。

(清水雅彦日体大教授 2024/1/5)

 

  送料のみ負担していただければ、チラシ自体は無料で入手できます。

お申し込みは、1000人委員会事務局まで。FAX(03-3526-2921)又は下記から。

https://anti-war.sakura.ne.jp/contact/

 

また、ご自身で印刷・活用される場合は全く自由です。積極的にご活用ください。


ダウンロード
DoKANGAERU_BZG.pdf
PDFファイル 3.2 MB

 国会インターネット中継


 ☆☆ 市民の風・課題別チーム/各区市民団体/友誼団体の行動 ☆☆ 

【市民の風・課題別チーム 予定】

〇新聞読んで語ろう会 (次回例会)  

 

 4/17(水)例会行います          

 18:30 ~ 約2時間   

 エルプラザ2F 会議コーナー

 

どなたも参加できます。直接会場にお越しください。 

 

-----------------------------

連絡係、安井nobu2367@gmail.com

※新聞読んで語ろう会(ブログ)  https://katarou123.blog.fc2.com/


【札幌敬老パスを守る会連絡会】

【ネット署名】

https://x.gd/4pABl

【各地域市民団体 定例宣伝行動 予定】

中央区 3月29日更新

  STOP九条改憲!国民主役の政治を!中央区実行委員会

 


区(手稲区) 
 
平和ってい~ね!ていね区民の会

  

※毎月3日(13時~手稲駅自由通路)と19日(手稲駅北口)、24日(13時~手稲駅自由通路)の3回、手稲区の市民団体や有志の呼びかけの行動をしています。 


 ◯「届け!沖縄への思い」in 琴似
毎月14日に 札幌地下鉄琴似駅イオン周辺 

(次回)4/1412:30 ~ 13:30 


 ☆☆ これからの道内 勉強会・講演会・アクションなど ☆☆

  チラシの内容がその後変わっているものもあります。参加される方は主催者に確認してください。


 ※下記にも掲載されています。ご参照ください

 デモ・抗議開催情報まとめ    https://w.atwiki.jp/demoinfo/

 諸団体の行事などのお知らせ https://hokudai-shokuso.sakura.ne.jp/htm/gyouji/gyouji.html

2024年【4





2024年【5 







2024年【連続講座



ドメイン:siminnokaze-hokkaido.net

管理運営:「戦争させない市民の風・北海道」事務局

事務局mail:kaze-h1@googlegroups.com

郵送先:札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ2F 
    レターケースNO.26

(情報の提供や掲載情報の訂正などについてお知らせください)

 

X