この勝利を次なる総選挙での

  市民と野党の共闘とその勝利に向けての大きな弾みへ

 

 衆議院北海道2区補欠選挙で市民と野党の統一候補である松木けんこうさんが当選確実となりました。

 今回の補選は収賄罪で在宅起訴された吉川元農水相の議員辞職によるもので、自民公明の与党側は候補擁立を見送りましたが、菅政権が成立後初めての国政選挙として、国民の側から厳しい審判を突き付ける絶好の機会でした。

 なんとしてでも市民と野党の共闘によって統一候補を実現し、圧倒的な差で勝利することで、年内に予定されている総選挙での共闘にも弾みをつけたいと思っていました。 

 

 市民の風・北海道は12月末から道内の立憲野党に対して共闘と統一候補の実現に向けての協議をよびかけました。1月には市民と野党の共同街宣とシンポジウムを開催し、2月中には共闘合意と統一候補実現にこぎつけるかと思っていたところ、松木けんこうさんの政治資金についての収支報告書の訂正などがあり、その説明を求めることなどで時間がかかってしまいました。

 3月にはいり、告示まであと一か月が迫る中、長野県での市民と野党との間で政策協定が結ばれ羽田氏が統一候補となり、北海道でも政策協定への動きを急がせようとしたところ、長野での政策協定に連合と国民民主党がクレームをつけ、それに対して立憲民主党本部がバタバタするということが起きました。

 

 この影響で北海道での政策協定にむけての協議は難航し、合意に至るまで時間がかかってしまいました。なんとか合意に達し、調印式を行ったのは告示日も迫った3月28日のことでした。選挙戦が始まってからは、市民と野党の共闘の姿を見せるために、選挙区内での共同街頭演説を各地で連続して開催しました。

 

 市民連合からは山口二郎さんにも応援に来ていただきました。今回の共闘の取り組みでは、途中で様々な問題や困難が発生しましたが、そのつど共闘した立憲民主党道連、日本共産党北海道委員会、社民党道連の皆さんと知恵を出し合いながら打開策を協議してきました。

 それは、この5年間に積み重ねてきた共闘の歴史による信頼関係があったからだと思います。まだ最終的な投票結果は明らかになっていませんが、全投票者のおよそ半数が統一候補の松木けんこうさんに投票し圧勝となると思われます。

 この選挙での勝利を、次なる総選挙での市民と野党の共闘と、その勝利に向けての大きな弾みとしていきたいと思います。  (2021/4/25 共同代表 川原茂雄)

 


 北区・東区の会からのお礼

 

 衆院2区補選で市民と野党の統一候補となった松木けんこうさんの勝利のために応援してくださったみなさん、本当にお疲れ様でした。

 北海道2区、長野、広島での勝利により、自公政権NO!の民意が示されました。

  この間、実にさまざまな困難にぶち当たってきました。今後解決していかなければならない課題も明らかになってきました。 

 でも、とにかく今は、みなさんと一緒に勝利を祝いたいと思います。

 ありがとうございました! (市民自治と平和をめざす北区・東区の会)


【取組経緯】


4月13日(火) 告示日

・09:00~ 松木けんこうさん第一声(麻生イオン前)

【市民行動】

・15:00~ 市民の風街頭宣伝(16:00~ 17:00~ 18:00~)※雨で中止


4月14日(水) 

【市民行動】

・15:00~ 市民の風街頭宣伝(16:00~ 17:00~ 18:00~)


4月15日(木) 

【市民行動】

・15:00~ 市民の風街頭宣伝(16:00~ 17:00~ 18:00~)

・18:00~ 北区・東区の会街頭宣伝(栄町イオン前)


4月16日(金)

・15:00~ 市民の風街頭宣伝(16:00~ 17:00~ 18:00~)


4月17日()

 

【市民行動】

・13:30~ 市民と野党の共同街頭演説(札幌駅南口/佐藤水産ビル前)

・15:00~ 市民と野党の共同街頭演説(新琴似ビバホーム前)

【市民行動/釧路】

  13:30 ◇市民と野党の共同街頭演説会(釧路駅)

  14:30  釧路町イオン

         主催市民連合@くしろ・ねむろ+立憲4政党 


4月18日()

 

【市民行動】ジエンダー平等・女性共同街頭演説

・13:30~ 市民と野党の共同街頭演説(麻生イオン前)

・15:00~ 市民と野党の共同街頭演説(東雁来ザ・ビック前)


4月19日(月)

読売新聞と朝日新聞の情勢調査です。

▷衆院北海道2区 立憲前職が優勢 (朝日新聞)
https://digital.asahi.com/articles/ASP4L7GYCP4LUZPS007.html

▷参院広島 野党系やや先行、追う自民 (朝日新聞)
https://digital.asahi.com/articles/ASP4L7795P4LUZPS008.html
▷参院長野 羽田氏リード、追う自民 (朝日新聞)
https://digital.asahi.com/articles/ASP4L7DRZP4LUZPS006.html
▷参院広島は宮口・西田氏が横一線、長野は羽田氏やや先行…(読売新聞)
https://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/20210418-OYT1T50138/


4月20日(火)

 

【市民行動】

・14:00~ 市民と野党の共同街頭演説(来24条北海道銀行前)


4月21日(水)

【市民行動】

・14:00~ 市民と野党の共同街頭演説(麻生イオン前)

 ※弁士/立憲民主党道連代表 逢坂誠二さん

     日本共産党前衆議院議員 畠山和也さん

     社会民主党元衆議院議員 山内恵子さん  


4月22日(木) 

【市民行動】

・15:00~ 市民の風街頭宣伝(16:00~ 17:00~ )

・18:00~ 北区・東区の会街頭宣伝

 


4月23日(金)

 ・15:00~ 市民の風街頭宣伝(16:00~ 17:00~ )

 ・16:20~ 連続共同街頭演説(東区役所前)


4月24日(土)

 

・18:15~ 麻生大集会(麻生イオン前)

 

【市民行動/釧路】

  1330 ◇市民と野党の共同街頭演説会(鳥取アークス)

  1430 昭和ユニクロ

         主催市民連合@くしろ・ねむろ+立憲4政党


4月25日(日) 投開票日





 

【マスメディア特設サイト】


【市民団体 HP/Fb/Tw】




 

※松木さん政見放送/youtubeで視聴できます。
 https://www.youtube.com/watch?v=9I2MxEQAIVc



れいわ新選組

山本太郎代表からも推薦


 市民連合が昨日、北海道2区補選、参議院長野補選、広島参議院再選挙に向けて補選に向けて立憲野党5党2会派に申し入れました。

 立憲民主党の枝野代表は「要請内容は私たちも同じ思い。政策にも同意する。実現には政権交代しかない。3つの選挙とも総力で勝ちに行く」と述べ、福山幹事長からも「相手は政治とカネで失策を重ねている。選挙にさまざまな人に関わってもらい、ヨコのつながりを広める。市民連合のみなさんにもご協力をお願いしたい」と決意が語られました。

 共産党の志位委員長は、「市民連合の申し入れに全面的に賛同する。市民の力なしには野党共闘はあり得ない。このたびの補選で勝利し、総選挙に向けた成功体験を積み重ねたい」と応えました。
 

 碧水会の嘉田参議院議員から、「要請されている政策内容には同意する。菅自公政権の失政が、この3補選を作り出した。この敵失の機会を活かし、野党が統一して闘い必ず勝利し、総選挙に向かっていかないとならない。草の根からの熱い活動で、共闘して選挙に勝利していきましょう」という発言があり、意見交換は終了しました。

 

 沖縄の風の高良参議院議員が「この申入れは、立憲主義が土台になって、現政権の問題点と対決する内容になっており、私たちも完全に同意する。補選から総選挙に向けて、共闘して頑張っていきましょう」と述べ、意見交換を終了しました。

 

 社民党の福島党首は、「市民連合のみなさんの要請に全面的に賛同。社民党としてもそれぞれの候補を推薦し、地域の仲間たちを先頭にがんばっている」と応えました。

れいわ新選組の舩後靖彦参議院議員政策秘書の岡田哲扶さんは「山本太郎代表に、この申し入れ書を渡して、しっかり検討しますと述べ、終了しました。

 国民民主党の岸本幹事長代理は「国民民主党は、いろいろと経過はあったが、昨日役員会で3選挙区の候補者の推薦を決めた。市民連合の6項目の政策には全面的に合意し、3候補者の勝利めざして、野党と共闘し、全力で取り組む」と決意が語られました。




 ◇ 政策/協定



 ◇ 立候補者

【候補者】(立候補届け出順、敬称略、年齢は投開票日現在)

 

 小 林   悟(56 無新 医師)

 松 木 謙 公(62 立前 元農水政務官)

 鶴 羽 佳 子(53 無新 元アナウンサー)

 長 友 隆 典(52 無新 弁護士)

 山 崎   泉(48 維新 元道議)

 斉 藤 忠 行(29 N新 元NHK集金人)

 



道2区補選 弁護士・長友氏が無所属で出馬へ





消費税廃止など、小田々氏掲げる 衆院2区補選 /北海道

毎日新聞(2021/1/30)

 

 吉川貴盛元農相の辞職に伴う衆院道2区補選(4月25日投開票)に出馬を表明した政治団体代表の小田々豊氏(65)=高知県中土佐町=が29日、道庁で記者会見した。

 消費税廃止や国民の政治参加などの政策を掲げ、「古い仕組みを立て直していきたい」と話した。電話中心の選挙活動で支持を広げていく考えを示した。



NHK党新人が出馬表明 北海道2区補選

(日経2021/3/1)

 

 NHK受信料を支払わない方法を教える党の新人斉藤忠行氏(29)は1日、札幌市内で記者会見し、4月の衆院北海道2区補欠選挙に立候補すると表明した。

斉藤氏は東京都出身。受信料を集金する会社に勤めていた。〔共同〕

 


 ◇ 北海道2区 データで”深堀り”  (2021/4/6 NHK)

ダウンロード
北海道2区 データで“深掘り” 衆院北海道2区補選(2021.4.7 NHK).
PDFファイル 1.5 MB

 ◇ 補選までの経緯


◆吉川氏辞任/起訴





 ◇ 過去道2区選挙結果

ドメイン:siminnokaze-hokkaido.net

管理運営:「戦争させない市民の風・北海道」事務局

HP-mail:siminnokaze.hokkaido@gmail.com 

(情報の提供や掲載情報の訂正などについてお知らせください)

 

Twitter