202177

立憲野党各位

 

市民と野党の共同をすすめる6区の会 共同代表

浅田政広・氏家正実・工藤孝文・小林和彦・寺島一男・出羽寛・則末尚大・畑地雅之・松浦みゆき・梁川勝利・吉田勝弘・川村久恵

【連絡先】 事務局長 松崎道幸 (携帯 090-7519-3216

 

私たち6区市民の会は2017年の総選挙で、当時の安倍政権の悪政を終わらせるために、北海道6区の立憲野党(立憲民主党、日本共産党、社民党、新社会党、緑の党)と7項目の政策協定ならびに選挙協力を結びました。

この総選挙では、6区から立憲民主党の佐々木隆博さんを市民と野党の統一候補として擁立し、当選を勝ち取ることができ、自公政権に大きな打撃を与えることができました。

それから4年経ちましたが、菅政権が、前政権を上回る悪政を行い国民の命と暮しをおびやかし続けています。

秋に予定される総選挙では、今度こそ政治転換を成し遂げなければなりません。

そのために、この6区でも、前回総選挙に続いて、市民と野党の共同で自公政権候補を圧倒できる方を再び国政に送り出す必要があります。

来るべき総選挙に向けて、6区市民の会は、市民と野党の統一候補に望む政策(案)を作りました。

この政策実現の先頭に立っていただける方が、6区の市民と野党統一候補となることを切望いたします。

なお、具体的なお名前が挙がった場合、この政策実現に対するお考えを伺いたいと存じますので、よろしくお願いいたします。

 

ダウンロード
来るべき総選挙で6区における市民と野党の統一候補に望む政策21年7月 (002)
PDFファイル 243.1 KB





ドメイン:siminnokaze-hokkaido.net

管理運営:「戦争させない市民の風・北海道」事務局

HP-mail:siminnokaze.hokkaido@gmail.com 

(情報の提供や掲載情報の訂正などについてお知らせください)

 

Twitter