<未整理>


「STOP敵基地攻撃能力保有反対!12.18抗議集会」

 

 雪は上がったものの、寒い寒~い(-4℃)集会・デモでした。

 「立憲民主党本部が保有について一部認める」のではないという報道がありましたが、立憲民主党北海道を代表して挨拶した村上ゆう子札幌市議会議員(STOP九条改憲!国民主役の政治を!中央区実行委員会の行動にいつも参加してくれています)「閣議決定反対、平和憲法を守ろう」とこれまでの原則を強く訴え、参加者から安堵?と激励の拍手がありました。

 

【敵基地攻撃能力保有反対!12.18抗議集会】

 

 岸田首相は年内に改定する「安保関連3文書」に敵基地攻撃能力保有を明記しようとしており、日本の防衛政策は戦後最大の転換期を迎えようとしています。戦争をさせない北海道委員会では下記のとおり集会を開催します。

 

■日時/2022年12月18日(日)13:30~15:00

■会場/札幌市大通西8丁目東側

■主催/戦争をさせない北海道委員会

■内容/13:30~集会、14:00~デモパレード

■デモコース/大通西7丁目北側出発→駅前通りを北進→北4条通を左折→日本生命ビル前(北3条西4丁目)解散



12月10日(土)14時からの「ウクライナに平和を!」ピースウォーク。100均・サンタさんがいっぱい集まりました。

 

ウクライナに、少しでも早く平和を! ジョン・レノンの Happy Xmas (War Is Over) を流しながら歩きました。

 

クリスマスがやってきたね 良い年になるように祈ろうよ

何の恐れもない年であるように

世界はひどい過ちを犯しているけど

君たちがそれを望めば 争いは終わるよ

さあ すべての争いをやめようよ  (今)

 

この曲は1971年のベトナム戦争の時に発表されました。この曲から50年が立ちましたが、ウクライナでは戦争が続けられています。

今、この時間でもウクライナ・ロシアの老若男女が死んでいます。

STOP WAR  戦争をやめよう

NO WAR  戦争反対

【お知らせ】

 札幌駅南口行動の最後となる23日(日)は集会終了後、午後2時30分からクリスチャンセンター2階の207号室でこれまでにスタンディングに参加された方々で慰労を兼ねて交流会を行います。

 ぜひごご参加ください。(飲食はありません)


ウクライナ問題の今後の取組み予定は次のとおりです。

 

☆11月12日(第二土曜日)「ウクライナ戦争の背景と歴史」学習会
 会場 クリスチャンセンター(北7西6)

 講師:宮田和保 北海道教育大学名誉教授

 

☆11月27日(土)13時半~

 「ウクライナ戦争が問いかけるもの」講演会

 会場 自治労会館 

 講師 金平茂紀 報道特集特任キャスター

 

☆12月10日(第二土曜日)14時~

 「地上に平和を✙」ウォーク
 集合 赤煉瓦テラス前地上 

 ミュンヘンXマス市までピースウォーク





 市民の風・北海道主催のイベント「ウクライナ戦争が問いかけるもの」金平茂紀講演会は素晴らしい内容でした。前座の市民の風ライブ隊の歌声の後、金平さんが登場しました。

 最初プロジェクターの調子が悪く画面が映らないパプニングがありましたが、気にせずにいつもの調子で話し始めました。

 無事プロジェクターが映ってからは、忌野清志郎の歌を流しながら「今日は本当のことしか話しません」と言って講演をスタートさせました。

 テレビではなかなか言えないこともズバッと発言して頂きました。会場満員の450名の参加がありました。

 最後に上田文雄さんから締めの挨拶をして頂きました。講演会終了後の懇親会も盛り上がりました。(かわ)

 ウクライナ問題の今後の取組み予定は次のとおりです。

 

☆11月27日(土)13時半~

 「ウクライナ戦争が問いかけるもの」講演会

 会場 自治労会館 

 講師 金平茂紀 報道特集特任キャスター

 

☆12月10日(第二土曜日)14時~

 「地上に平和を✙」ウォーク
 集合 赤煉瓦テラス前地上 

 ミュンヘンXマス市までピースウォーク



   戦争させない市民の風・北海道の会員集会が、11月6日午後、かでる2・7の会議室で行われました。

 

   最初にこの間の情勢報告と知事選に向けての取り組み原案が提案され、また国葬反対とウクライナプロジェクトの報告がありました。

   zoomを通して全道各地での取り組みも訪問されました。その後、知事選や野党共闘などについて会員の皆さんから沢山の意見が出されました。

   知事選については、政党間の統一候補者の決定を待つのではなく、市民の側からも積極的に政策要望や候補者の提案をすべきではないかという意見が出されていました。

 

   この間の札幌駅前でのアクションや国葬反対の取り組みから新たに会員となった方々やzoom参加者を含めて30名以上の会員の参加がありました。     今回の集会での意見や論議を、今後の市民の風の活動に活かしていきたいと思います。



「札幌五輪問題を考える学習会」

 

◆11月4日(金)18時~

◆会場 エルプラザプラザ3階研修室1

講師:へいわっていいね!手稲区民の会 大平みちおさん主催 市民の風

 



2022年『憲法とくらしチカホフェス』

 今年は5ブース(1ブース:6m+隣1m)、30数メートルを借り切ったイベントです。

 「議員とおしゃべりコーナ」では激論が、「中古本100円コーナ」「絵本朗読コーナー」、その他のコーナにも多くの方が参加してくれました。

 スタッフの皆さん、ご苦労さまでした。


事務局から市民の風北海道の会員集会のご案内です。

市民の風・北海道の会員集会を開催しますのでお集まりください。

 

【日 時】 11月6日(日) 午後1時開場、1時30分開会、3時45分閉会

【場 所】 かでる2・7の7階、710会議室

 

※ZOOM併用で行います。

 ZOOMで参加希望の方は、URLを個別にお知らせしますので

 kaze-h1@googlegroups.com へご連絡願います。  

 

①集会の位置づけ    

・8月11日の前回会員集会に続き会員参加の運動をつくること。    

・国葬反対、ウクライナ行動の積み重ねと今後の方向について問題意識の共有化をはかる    

・とりわけ11月27日集会を意識して  

 

②集会の内容と担当      

イ、事務局報告とその担当

・全体的な政治状況、市民連合また全国的な動き、野党共闘と地方統一選については(10分~川原)    

・国葬反対行動から見えてきたことについては(5~6分山口)  

・ウクライナ行動から見えてきたことついては(10分~ウクライナチームで検討)

ロ、道内各地からの報告も、各地5分ほど   

ㇵ、会員相互の意見交換の場とする

 



 ウクライナ問題の今後の取組み予定は次のとおりです。

 

☆11月12日(第二土曜日)「ウクライナ戦争の背景と歴史」学習会
 会場 クリスチャンセンター(北7西6)

 講師:宮田和保 北海道教育大学名誉教授

 

☆11月27日(土)13時半~

 「ウクライナ戦争が問いかけるもの」講演会

 会場 自治労会館 

 講師 金平茂紀 報道特集特任キャスター

 

☆12月10日(第二土曜日)14時~

 「地上に平和を✙」ウォーク
 集合 赤煉瓦テラス前地上 

 ミュンヘンXマス市までピースウォーク

事務局から第1回道政問題学習会のご案内です。

日 時 11月23日(水・休日)午後1時30分~4時30分
場 所 札幌エルプラザ4階の男女共同参画研究室1番

【プログラム】
各テーマ1時間で、問題提起30分、意見交換30分の合計1時間で次の3テーマを第1回として行います。

 

テーマ1:原発・核ゴミ問題(問題提起者は川原茂雄)
テーマ2:農業問題(問題提起者は渡辺明)
テーマ3:北海道の公共交通問題(問題提起者は宮田和保さん)



 10月23日(日)11時からのJR札幌駅南口、小雨下の「ロシアのウクライナ侵略抗議・戦争は止めろ」集会です。

 

 はじめは若者たちのグループ「NOWAR-SAPPORO」が2月27日(戦争が始まったの2月24日の3日後)から毎週日曜日に12回続けましたが、5月22日からは市民の風・北海道や賛同する市民団体が引き継ぐ形で続け、この日で23回目、通算で35回目となりました。 大雨の日があり、主催者側が中止を決めても参加した方たちが傘をさして立ち続けたため、「中止を中止にした」こともありました。

 しかし、今日の行動で一旦の区切りとすることにしました。 理由は「これからの季節は雪や寒さで通行人が地下に流れ、訴えの効果が落ちる」ことや「反戦歌などで場を盛り上げているライブ隊の手がかじかんでギターなどの楽器が使えなくなる」などの理由です。

 

 でも、ウクライナでは戦争は終わっていません。いやむしろ悲惨な状態になっています。 札幌駅南口行動は一旦止めますが、「毎月第二土曜日・ウォーク行動」や「ウクライナ情勢などの講演会」など、さまざまな戦争反対行動を計画していきます。

 これからもご協力をお願いします。




10月16日(日)札幌駅南口集会

 市民の風・北海道ら市民団体が、2月27日から始めた若者グループから引き継ぐ形で毎週日曜日に始めて連続21目(通算33回目)です。

 札幌駅南口『ウクライナに平和を』集会 は、2月27日から始めた若者グループから市民の風・北海道ら市民団体が引き継ぐ形で毎週日曜日に開催を続けてきました。

 今日は久しぶりに私もスピーチをさせて頂きました。なん人もの方々がマイクを握ってウクライナの平和への思いを語ってくれました。北海道合唱団の皆さんの素晴らしい歌声もありました。

 一応来週の23日でいったんこの形での行動にピリオドを打ちますが、また違ったかたちで平和の問題を考え訴えていく活動に継続して取り組んでいきたいと思います。

 写真はFB友達の中上さんが撮影してくれたものを使わせて頂きました。(かわ)


10月9日(日)11時からの札幌駅南口『ウクライナに平和を』集会。 今日は「あしなが学生募金」をしている高校生たちも同じ場所で活動。もちろん、わたしたちも募金をし、マイクで頑張っている若者たちへの協力依頼もしましたが、往来する多くの方が募金をしていました。 市民の風・北海道ら市民団体が、2月27日から始めた若者グループから引き継ぐ形で毎週日曜日に始めて連続21回目(通算33回目)です。


 10月2日(日)11時からの札幌駅南口『ウクライナに平和を』集会。
 市民の風・北海道ら市民団体が、2月27日から始めた若者グループから引き継ぐ形で毎週日曜日に始めて連続20回目(通算32回目)です。(Kさんからの写真です)

 ◇ 安倍元首相の国葬反対!行動

9月27日(火)13:30からの札幌駅南口での「国葬」に反対する市民連絡会議と市民の風・北海道の抗議集会です。

写真は友人からのLINE便ですが、200名位の参加者が集まりました。

全国・北海道各地で反対運動がありました。

↓)9月26日18時からの「戦争をさせない北海道委員会」の「国葬反対」街頭行動です。(札幌市大通3丁目)

国葬反対の全道の動きを一つの動画にまとめられていますのでお知らせします。
<北海道>
https://youtu.be/H_Xo_QOKMKo

 

2022/9/27 安倍元首相「国葬」反対!9・27国会正門前大行動(撮影 川島進さん)
https://www.youtube.com/watch?v=BPXctZIM4mk


【お知らせ】

 9月27日は様々な団体で「国葬反対」の抗議行動を予定されていますが、市民の風・北海道は、「『国葬』に反対する市民連絡会議」と一緒に次の行動をします。

 ※政府予定の「国葬」は14時から始まります。

鈴木知事、秋元札幌市長とも「国葬」出席へ

 

 鈴木知事の安倍元総理大臣の「国葬」への参列をめぐり、「戦争させない市民の風・北海道」など道内の市民団体は、道庁で記者会見し、今月27日に行われる安倍元総理大臣の「国葬」について、法的な根拠に疑問があるうえ、安倍元総理大臣への評価を反対する人に強制し、世論の分断を激化させかねないと訴えました。

 そして、公費を使っての知事の参列はふさわしくないとして取りやめるよう求める要請書を道に提出しました。

 

【NHK NEWS WEB】2022/9/12

~ 市民団体の山口たか共同代表は記者会見で、「民主主義の危機だと思っている。そのような『国葬』に公費で参列することはすべきではない」と述べました。
 一方、道議会の立憲民主党会派は鈴木知事に対し、参列を取りやめるよう求める抗議文を提出しました。
 抗議文では、「報道各社の世論調査で『国葬』への反対論が強まる中、公費による出席を決定した鈴木知事は民意をないがしろにしていると言わざるを得ない。厳重に抗議するとともに、『国葬』への出席と道が管理する施設への半旗の掲揚を取りやめるよう強く求める」としています。
 このあと、会派の会長を務める北口雄幸道議会議員は記者団に対し、「多くの道民が『国葬』に疑念を持っている状況の中で道民を代表して弔意を示すというのは疑問だ。拙速な判断で抗議する」と述べました。
 


ダウンロード
北海道への要請書 正本9月12日.docx
Microsoft Word 18.7 KB
ダウンロード
北海道回答16日.pdf
PDFファイル 350.4 KB
ダウンロード
札幌市への要請書 正本9月12日.docx
Microsoft Word 18.7 KB
ダウンロード
札幌回答16日.pdf
PDFファイル 347.2 KB

9月25日(日)11時からの札幌駅南口『ウクライナに平和を』集会。 久しぶりに暑い日になりました、今日は市民の風・ライブ隊がネットで拡がっている『国葬反対の歌』を披露するなど、集会の前半・後半を盛り上げました。 小樽から怒りを言いたくて駆けつけてきた女性、偶然通りかかった北広島の女性(北広島の行動にも参加しているそうです)、東京から来た男性(横田基地から飛ぶオスプレイの騒音に毎日夜襲われているそうです)からもスピーチをいただきました。 「あの卑劣な男の国葬などをさせてたまるか。葬るべきは岸田害毒政権」の大きな看板を背負って自転車を押してきた男性が通りすぎましたが、帰りはスマホで集会の写真をとっていました。 市民の風・北海道ら市民団体が、2月27日から始めた若者グループから引き継ぐ形で毎週日曜日に始めて連続19回目(通算31回目)です。


9月11日(日)11時からの札幌駅南口『ウクライナに平和を』集会。先週に引き続き午前中から暑い日になりましたが、市民の風ライブ隊+言いたい人スピーチの日として12時過ぎまで「ロシア軍の撤退とウクライナの平和を」訴えました。

 

・札幌にいるウクライナ人・ベロニカさんから、今の現地の状況、ウクライナに戻ったお母さん・ナタリアさんが元気でいることなどの報告がありました。

・パレスチナ医療奉仕団の猫塚先生からは、つい最近まで医療支援で行っていたガザ(パレスチナ自治区)の報告があり、「ウクライナもこのままならガザと同じ惨状になる。そうさせないためにはとにかく早く戦争を終わらせ、ロシアを撤退させるしかない。奉仕団としても全力で頑張りたい」と決意がありました。

 

 市民の風・北海道ら市民団体が、2月27日から始めた若者グループから引き継ぐ形で毎週日曜日に始めて連続17回目(通算29回目)です。


 9月18日(日)11時からの札幌駅南口『ウクライナに平和を』集会。

雨の中、傘を差してのスタンディングでしたが、40名を超える参加者で、9名の方からスピーチがありました。

 

  立憲民主党の勝部けんじ参議院議員からは「私は国葬には出ません」と宣言、拍手を受けていました。 共産党の畠山和也元衆議院議員からのスピーチもありました。

 

   市民の風・北海道ら市民団体が、2月27日から始めた若者グループから引き継ぐ形で毎週日曜日に始めて連続18回目(通算30回目)です。(KOさんからの報告、写真はKUさんです)


9月4日(日)11時からの札幌駅南口「ウクライナに平和を」集会。

 市民の風・北海道ら市民団体が、2月27日から始めた若者グループから引き継ぐ形で毎週日曜日に始めて連続16回目(通算28回目)です。
久しぶりの晴天で午前中から暑い日になりました。
今日はスタンディング+話したい人・スピーチの日です。
10人の方が「ウクライナの戦争」ばかりでなく、「元首相の国葬」、「札幌五輪招致」など、思い思いの気持ちを訴えました。


 8月31日(水)、東京の『安倍元首相「国葬」反対!8・31国会前大行動』に連帯するために、戦争させない市民の風・北海道が呼びかけた『安倍元首相国葬反対!”異議あり”札幌行動』ですが、あいにく札幌は朝から雨予報でした。

 そのため「中止の判断は集まれた人たちで決めよう」と、前日夕方に再アナウンス。しかし、降り続いた雨の中にもかかわらず、集合場所の「すきの交差点」には、主催者もびっくりの120人もが様々なボード持参で参加しました。

 そして、濡れながらでしたが20名近い人が次から次と怒りのスピーチです。みなさん、とっても怒っていました。

 

※参加者が多すぎて最後の集合写真はカメラに入りきれませんでした。

 

北海道新聞(2022/9/1)朝刊です。
「70名」となっていますが、予定場所に入りきれないため、周りで取り巻いていた参加者を数えてないと思われます。



8月28日(日)11時からの札幌駅南口「ウクライナに平和を」集会。

 今日は市民の風・北海道と民医連(民主医療機関連合会)の共催で開きました。蒸し暑い日中になりましたが、看護師さん、お医者さんなど参加された多くの方から平和を求める思い思いのスピーチがありました。

 

 市民の風・北海道ら市民団体が、2月27日から始めた若者グループから引き継ぐ形で毎週日曜日に始めて15回目(通算27回目)です。


8月21日(日)11時からの札幌駅南口「ウクライナに平和を」スタンディング。

 

今日も暑い日になりましたが「市民の風ライブ隊+参加者スピーチ」で平和を訴えました。

 

 この集会はロシアのウクライナ侵略(2月24日)の3日後の2月27日(日)から若者グループが毎週日曜日に12回続け、5月22日(日)から、その流れを引き続いた形で市民の風・北海道など市民グループが毎週続けて、今日で14回目(通算26回目)になります。

 

 しかし、悲惨な戦争は今月24日で6カ月、半年も続いています。悲しいことです。

 ◇ 市民の風/会員集会

と き:8月11日(木/休日)13:30~

ところ:札幌エルプラザ4F 大研修室(ZOOM併用)

 


8月14日(日)11時からの札幌駅南口集会です。

「お盆」真っ只中の日曜日でしたが、参加できる方で頑張りました。

ご苦労さまでした。


と き:8月11日(木/休日)13:30~

ところ:札幌エルプラザ4F 大研修室(ZOOM併用)

 

事務局から小林です。

 

8月11日(木)午後1時30分から市民の風北海道の会員集会を札幌エルプラザ4階の大研修室で開催します。遠隔地の方やコロナのことも考えZOOM併用で行います。直接の参加かZOOMでの参加か、多くの方のご参加とご意見の発表をお願いします。

 

事務局では、会員集会での感想、意見をふまえて今後取り組んでいくことにしています。 事務局内では、参院選の結果を踏まえて、今後の市民の風の取組み方向として次の様な意見が出ていますのでご紹介します。

 

*しばらく国政選挙がないなかで、選挙をどうするかということではなくどのような動きをつくっていくのか。

*来春の知事選をどうするのか、市民の風として考えていかなければならない。

*知事選で統一候補つくれるのか。

*社会を変えることで政治を変えていく方向が必要ではないか。

*労組頼みではやっていけない、市民運動が自力をつけるほかない。

*有権者も野党の存在を求めているのに、野党がだらしない。

*労組もまだまだ力をもっているなかで、協力して運動をつくっていかねばならない。

*形だけの野党共闘ではダメで、野党共闘を支える運動をつくらなければ。

*市民の力で政治を変えていかねば。

 

8月11日の会員集会での感想、意見をふまえて今後取り組んでいくことを確認します


8月7日(日)11時~ 札幌駅南口

8月最初の札幌駅南口「ウクライナに平和を!」行動。

 

 3日くらい前の予報では雨でしたが、とっても良い+暑い天気に。

札幌駅南口は『ポケモンGOフェスト札幌2020』の会場の一つになっていたこともあって賑やか。わたしたちの歌に合わせてリズムをとってくれる若者もいました。

 平和ってイイですね。


8月3日(水)18:30~ 札幌大通西3丁目

我慢できない仲間たち。

『安倍元首相の国葬反対!』

皆さん怒りで、言いたいこといっぱいでした。


戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会の
安倍元首相「国葬」反対!8・31国会正門前大行動
に連帯します。
#0831国葬反対大行動
#国葬反対
#統一教会
#統一協会

夏の参議院議員選挙の遊説中、銃撃され亡くなった安倍元総理の国葬について、「反対」と答えた人が45%で「賛成」の42%を上回る 
(JNNの世論調査 2022年8月7日)

 

 支持政党別で見ると、自民党支持層では「賛成」60%、「反対」30%、立憲民主党支持層では「賛成」13%、「反対」84%などとなっていて、「賛成」が「反対」を上回ったのは、自民党と公明党の支持層のみでした。

 

【調査方法】固定・携帯電話による聞き取り(RDD方式)

全国18歳以上の男女2452人〔固定949人、携帯1503人〕

有効回答1162人(47.4%)〔固定564人、携帯598人〕(59.4%)(39.8%)


7月31日(日)11時~12時

7月最後の札幌駅南口「ウクライナに平和を!」行動

 

 急激なコロナ感染の広がりもあり、サイレントスタンディング+話したい人スピーチで行いました。

 東京都心は35℃だったそうですが、約820Km離れた北の街・札幌も32℃! ・・・暑~かった!

 ロシア軍はウクライナから撤退を! あらゆる戦争に反対です。


次回(3回目)の「ウクライナに平和を会議」の開催日時と場所が決まりましたのでお知らせします。

 

日時 717()午後2時から2時間程度

場所 北海道クリスチャンセンター 2階 207号室 (以前と同じ場所です)

テーマは、選挙結果を踏まえて今後の取組みです。

 

 





7月10日(日)、参議院選挙の投開票日。 雨が降る予測もありましたが、今日も11時からの札幌駅南口の「ウクライナに平和を! 全世界の平和を!!」行動は続いています。

(雨どころか、暑い天気になりました)

 

フリースピーチでは多くの参加者が平和を訴えました。

(撮影禁止ゾーンからのスピーチは撮影していません)


7月17日(日)の「ウクライナ行動」は初めて雨で中止。

でも集まった人たちは雨の中、傘をさしてスタンディングを続けました。

 

(追加)Kさんからの報告です

昨日は、ライブ隊などの準備が整ったところで、雨粒がパラパラと落ちはじめ、ガラスドームに荷物を移動させた後に本格的な雨降りになりました。

その雨の中、雨具を着た人が、「個人でボードを持って立っていても良いでしょう」と雨の中立ち続け、その後、一人増え、二人増えして、結局は、20人以上の人が傘をさしての列となりました。

みんな勝手につながったスタンディングで、なかなか良い意思表示の場となりました。皆様、お疲れさまでした。

赤旗(2022/7/19)にも掲載されました。


7月24日(日)、11時からの札幌駅南口抗議集会。

ロシア軍のウクライナ侵攻から、ちょうど5か月目。残念ながら悲惨な戦争は終わっていません。

 

今日は市民の風ライブ隊に加え北海道合唱団有志の皆さんも参加され、反戦歌を二曲歌っていただきました。さすが、上手い!です。

 

※集会最後に主催

事務局から「10月頃までは毎週続けていき、秋には大きな市民集会を開きたい」との報告がありました。

 ロシア軍がウクライナに侵攻して、ちょうど5か月目の24日、戦争させない市民の風・北海道は、ウクライナにおける即時停戦とロシア軍の撤退を要請する集会を札幌駅南口で行いました。また集会後、在札札幌ロシア領事館(札幌市中央区)に、4月以降に寄せられた要請署名(2次分)を届けました。

 

 札幌駅南口での集会は、当初、別のグループの呼びかけで2月27日の日曜日から始まり、「市民の風」の有志も「ロシアはウクライナから即時撤退を!」の署名活動を行うおと合わせて、参加してきました。5月22日(日)からは「市民の風」が主催者となり、これまで通算20回を数えました。

 

 24日の集会も、「市民の風」ライブ隊の反戦替え歌の演奏で始まり、オリジナル曲「核戦争はだめだ」を初披露しました。参加者それぞれが反戦の思いを語るスピーチの中には、絵本を紹介しながら「戦争行為」の無意味さ浮き彫りにする話もありました。

さらに本日特別参加の北海道合唱団による「一つのピース」「ウクライナに平和を」の歌声も、南口広場を囲むビル群にこだましました。

締めくくりとして、ウクライナ出身のベロニカさんのリードするウクライナ民謡「紅いカリーナは草原に」をライブ隊伴奏で終えました。

 この日は100人ほどの参加となり、ボードを掲げてのスタンディングが人目を引きました。

 

 集会後に、「市民の風」メンバーを中心に、ロシア軍の撤退を求める要請書への賛同署名簿を在札幌ロシア領事館に届けました。参加の10人ほどが15分ほどボードなどを掲げてスタンディング、領事館居住の外交官スタッフにアピールするなか、署名簿を郵便受けに投函しました。

 

 この要請書への賛同署名は、今回が446個人 2団体で、4月8日提出分は265個人、38団体となっています。

 大きな組織によらず、1人ずつ集積したものとしては重みのある署名ばかりでした。

署名し、また協力していただいた方々に感謝です。(ウクライナPT)

ドメイン:siminnokaze-hokkaido.net

管理運営:「戦争させない市民の風・北海道」事務局

HP-mail:siminnokaze.hokkaido@gmail.com 

(情報の提供や掲載情報の訂正などについてお知らせください)

 

Twitter