整理中


1 月

1/14(土)10月23日以来の札幌駅南口『ウクライナに平和を!』行動。

寒~いのに多くの方が集まりました。


1/22(日)札幌市民交流プラザ(北1西1 創成スクエア内402号室(ZOOM併用)

札幌五輪招致問題について、市民の風北海道としての考え方をまとめるための会員集会。参加者は会場参加が19名、ズーム参加が18人でした。

 会員集会の総意として「市民の風として、札幌市が住民投票を行うことを求める」とのことを確認しました。 


1/29(日)「これでいいのか?北海道政」シンポジウム自治労会館3階ホール)

 厳しい寒さの中でしたがネット配信を含めて100名を超える参加者がありました。最初に全体的視点から道政の問題点と課題を奥田仁さんに報告して頂き、その後道政の三つの課題について、それぞれの分野からの報告を頂きました。 立憲、共産、社民、市民ネットから来賓挨拶も頂きました。


ダウンロード
シンポこれでいいのか北海道20230129.pdf
PDFファイル 1.6 MB
ダウンロード
「これでいいのか?北海道政」シンポジウム 開催要綱.jpg
JPEGファイル 576.5 KB


2 月

2月4日(土)14:00~   

 コロナ禍の影響で3年ぶりに本格開催となった札幌雪まつり初日。  

 すすきの会場入口の十字路で『冗談じゃネ-軍拡!』スタンディング&リレースピーチ&ビラ配布&シールアンケートをしました。  マイナス気温の上、雪が降る寒~い中の行動になりましたが、「STOP WAR」のボードにグッドサインをしてくれた外国の方、「俺も言いたい」とマイクで戦争反対を呼びかけてくれた若者もいました。  



 2月11日(土)、市民の風・北海道&平和プロジェクト(旧ウクライナプロジェクト)は札幌市中央区のロシア総領事館に、これまでの集会やシンポジウム参加の皆さんに書いて貰った「戦争を止めて平和を求める」寄せ書と折り鶴を届けました。 

 寄せ書きには「ウクライナからの撤退」を求めるメッセージのほか、「安心して眠ること、食べること、遊ぶことができる世界を」「モスクワ、レニングラード、キエフみんな素敵でした」など語りかけるようなメッセージも多くみられました。

 

 領事館はアクセスの不便な所ですが、約20名の参加で寄せ書きのメッセージを'We will Rock you'のリズムに合わせ、ラップ調にして領事館前で読み上げました。

 事前に領事館へ訪問のメールを送っていたのですが、投函して欲しいとの返信を受け一式を郵便受けに投函しました。

 

 今後のウクライナ反戦活動のお知らせです。

◆2/24(金) 夜、すすきのにて ※詳細は改めてお知らせします。

◆3/11(土) 13:30~14:00 JR札幌駅南口広場にて

 ※諸事情により開始時間を早めた短縮バージョンです。スタンディング集会を予定しています。




 2月18日(土)14時から、札幌・狸小路4丁目で、軍拡反対のスタンディングを行いました。

 「市民の風・北海道」の主催ですが、「戦争への道をゆるさない女たちの会」も賛同、29名が参加しました。参加されたみなさま、お疲れ様でした

 「戦争する国反対」「冗談じゃね~軍拡」の横断幕に加え、手つくりのすばらしいのぼりも。  

 狸小路デビューでしたが、札駅南口より人がとても多いこと、歩行者だけでなく信号待ちの人と距離が近い。軍拡反対か賛成か、シール投票を行いましたが、距離の近さからか若い男の子が足ととめ、シール投票をしてくれました。話しかけるきっかけになると思いました。

 

 軍拡ストップの声を続けましょう

☆2月24日(金)18時から  すすきの4条4丁目 マクドナルド前  

 ロシアによるウクライナ侵攻から1年 反戦スタンディングを行います

☆3月11日(土)13時半から14字 札幌駅南口  

 軍拡反対、ウクライナに平和を スタンディング 3.11なので、原発反対もうったえましょう (Yさんからの報告です)

 


2月24日(金)夜、ロシアのウクライナ侵攻1周年の最後は「市民の風・北海道-平和プロジェクト」主催のすすきの交差点ピースアクション。 寒い中でしたが、約30名で1時間ほど「ウクライナに平和を」をスピーチ、歌で訴えました。


2月27日(月)、『軍拡・改憲NO!全国連携講演会 in 北海道』。

東京新聞記者の望月衣塑子さんを迎えて「軍拡に突き進む岸田政権~米国追随で戦争する国へ~」を勉強。

会場の道自治労会館5F大ホールは350名の参加でビッシリでした。



3 月

3月1日(水)各区の会会議(代表者ZOOM会議)

 貴重な意見交換が出来ました。

 とりわけ、知事選において大変いびつではありますが「野党共闘の枠組みを何とか持ちこたえたことはキセキ的なことだ」との意見も有り、この確認を基に次の国政選挙にむけてどう共闘を構築していくのか市民の取組みが必要培っていくのかについて意見交換しました。

 池田真紀さんの秘書問題についてもしっかりと態度表明が必要なことも話し合われました。

 また、各地で希望の党など既存政党以外の動きも報告され勉強になりました。(小林事務局長)

 



3月5日(日)の全員集会は参加者は会場が15名、ZOOMが10名でした。
先日の事務局会議で、市民の風の運動の在り方について意見交換を付きの総会に向けて旺盛にすることが語られましたが、本日の会員集会ても同様の方向が出されていたと思われます。(小林事務局長)



 3月6日(月)18時から「原発事故12年、フクシマを忘れない さよなら原発北海道集会」(「さよなら原発1000万人アクション北海道」実行委員会)。

 小野有五北大名誉教授の主催者挨拶のあと、フォトジャーナリスト・豊田直己さんから「今も続く放射線汚染の現場から12年間の不可解な国策を問う」と題した講演。

・最初は放射能汚染箇所を水で流したが、汚染が拡散すると批判されたので布で拭いた。でも、結局、汚染された建物等は壊して処分された。

・放射能が残っていても「復興」。年寄りは戻ってきたが、若者は戻らない。「復興」という理由ならカネが付いて新しい施設が出来た。でも、現在ほとんど使われてない。

・還らない被爆と放射能汚染。ゼネコンは莫大な利益、除染労働者は莫大な汚染。

など、写真とともに説明がありました。


3月11日(土)

東日本大震災から12年の3月11日、札幌では小出裕章さんを迎えて『核とゴミと、でたらめな原子力政策』の講演会を開きました。会場には当日券は断わざるをえないほど満杯の300人(+ZOOM参加100人)で、若い人の参加もありました。

この講演会の前に札幌駅南口広場で『~東日本大震災から12年・原子力緊急事態宣言発令中~ウクライナに平和を!軍拡・改憲・原発No!スタンディング』をしましたが、最後の参加者ひと言スピーチには、飛び入りで高校生2人が「戦争は嫌だ」と声をあげてくれました。



   3月30日(木)18時から、すすきの十字路で2023年度の防衛費を大幅に増額した予算通過に抗議する『冗談じゃネー軍拡!』行動。    たまたま通りがかったウクライナの方が飛び入りで感謝?のスピーチ。通訳できる方がいなかったのですが・・市民の風ライブ隊の声かけで、札幌駅南口行動で覚えた『赤いカリーナは草原に』(ウクライナでは「第2の国歌」とされています)を参加者とウクライナの方一緒に歌いました。  

   また、24日に道内でも設立された『平和を求め、軍拡を許さない女たちの会』メンバーひとりひとりからもスピーチがありました。





4 月

4月8日(土)14時~ 札幌駅南口。 選挙最終日ですが、「ウクライナに 世界に 平和を!!」行動です。 参加者スピーチ、市民の風ライブ隊の歌の後、みんなで「ウイー ウイル ロックユー(軍拡反対’23.4.8)」。通りすがりの若者も手を上げたり、足でリズムをとったりノッテくれました。



5

 ◇ 5月3日『平和憲法記念日』行動

 『あらたな戦前にしない 憲法施行76周年 STOP改憲!5.3憲法集会』(札幌)。暖かい日になりました。

 連休中にもかかわらず多くの方が集会・パレードに参加。集会では立憲民主党・日本共産党・社会民主党の護憲政党代表が「平和憲法・9条を護る」と力強い挨拶。

 右翼の街宣車3台が執拗に妨害してきました。


 ◇ 「軍拡NO!女たちの会・北海道設立記念シンポジウム」

5月11日(木)、「軍拡NO!女たちの会・北海道設立記念シンポジウム」。

 私たちは、岸田首相、政府・与党、野党各党の代表、連合代表に対し、

1 軍事費GDP比2%を撤回すること

2 歯止めなき軍拡を推し進めることをやめ、そして女性や子ども、若者や社会的弱者の目線に立った政策を進めること

 この2点を行うことを強く求めます。 


5月13日(土)14時から、札幌駅南口広場で『ウクライナに 世界に 平和を !!』ピースアクションをしました。



6

 7月8日(土)、札幌(14時12分)は31.4℃の真夏日になりましたが、14時から札幌駅南口広場で『ウクライナに 世界に 平和を!!』行動をしました。

 


6月10日(土)14時から札幌駅南口で「ウクライナに 世界に 平和を ‼」スタンディング・フリースピーチ行動をしました。

 

 『YOSAKOIソーラン祭り』の中日で大勢の方が出ていました。参加している若い人たち、とっても嬉しくて・楽しそうです。「平和だから YOSAKOIできるんですよね。おめでとう、頑張ってください」と、いつものスピーチとは違うエールも。

 行動後は、有志で大通り公園まで旗やボードをもって平和を訴えながら歩きました。


6月11日(日)、「戦争させない市民の風・北海道」のZOOM兼用第7回定期総会。ご時世を反映してか?かなり厳しい意見が飛び交いました。

 でも、『戦争させない・憲法守る』の信念はみんな同じ。

 行動を続けながら、さらに進んで行きます! 

 【事務局から小林です】

第7回定期総会はお疲れさまでした。

定期総会の報告です。

 

 出席者は会場参加45名、ZOOM参加10名の合計55名でした。

近年では久し振りに50名を超えた総会になりました。

皆さんの危機感が反映したものと思われます。

 

 提案の「総括と方針」、「会計報告と監査報告」、「規約の改正」、「役員人事」など提案通りで確認されました。

 

 討論では、ウクライナ戦争の評価、方針の具体化、取組みの提案やこれまでの取組みの悩み、などなど数多くの疑問、提案など様々な意見が出されました。それらの意見は、これからの市民の風の取組みにとって貴重な課題の提起であり、皆で考え合いながら取り組んで行かなければならない問題だと考えます。

 

 役員体制も大きく変わり、新たな船出となりますのでみんなで頑張っていきたいと思います。個人的な感想も含みましたが報告に代えさせていただきます。

 

【第7回定期総会で選出された新役員と新事務局体制】
(新役員)
・共同代表 宮田和保、山口たか、渡辺明
・事務局長 中村由紀男
・事務局次長 織本義昭、小林久公
・会計監査 新谷義人
――――――――――――――――――――
(事務局員) 
 一ノ宮麗子、沓沢志宣、島田美智子、高松修二、竹ノ内研司、福尾健司、藤田春美

 ※事務局体制は役員7名を含め、合計14名です。
―――――――――――――――――――― 

(事務局サポーター)江田美保、大平三千夫、佐々木かおり、澤知里

 

【山口たかです】

 昨日、市民の風の総会が終了いたしました。多くの議論、貴重なご意見がだされました、本当によかったと思います。

 川原さん、上田文雄さん、お二人の共同代表は退任されました。長い間、共同代表を担っていただき本当にお疲れ様、ありがとうと言いたいです。

 上田さんからはみなさんに伝言で、「こんな形で退任は申し訳ない」と。「新しいメンバーで新しい活動をがんばってください」と。

 でも、「体調戻られたら、まだまだ、会員集会もありますから、その時にごあいさついただければ、、、」とお伝えしました。

 

 新代表には、宮田和保さん、渡辺あきらさんとともに、山口も共同代表にご承認いただきました。また、山口!まだ 山口!、と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、もうすこし、新任の方がなれるまで、サポートの意味でがんばらせていただきます。

 

 政治が劣化し、日本の未来に期待がもてない、だからこそ、新しい政治勢力が必要だと思えます。選挙も近いということですが、立憲野党の後退戦、がささやかれています。「共闘」も楽な道ではありませんが、共に、知恵を絞りあい、議論をつくしもうひとつの道を探し出しましょう。

 どうぞよろしくおねがいいたします。

 ともに、手をとりあい、つながっていきましょう。

 このささやかな人生の幸せを守るために。


6月17日(土)、金平茂紀さんの講演会Part2。

 前回は忌野清志郎さんの話からでしたが、今回は「同世代・坂本龍一さんを悼む」から、WI-FIを通した動画を入れた2時間を越えるお話しでした。

 会場が空いてなく、少し交通便の悪いところになりましたが、それでも300名を超える方が熱心に聞かれてました。

『本当のことしか言わない@札幌』の話では「G7サミットとマスメディア」「ウクライナ戦争の見通し」「防衛費の暴走・Jアラートのから騒ぎ」「原発

 回帰」「若きデマゴーグたちの登場」などなど。

最後に札幌南区のバス減便問題のビラを取り上げ、「政治は、身近な足元を変えること 政治は永田町と霞が関のことではない」と訴えました。

 


昨日、6月21日17:30から「HBC今日ドキッ!」で『安倍元総理の街頭演説でプラカード排除された女性”道警ヤジ排除訴訟”に加わらなかった理由と後悔』が放映されました。

 市民の風・共同代表の山口たかさんの活動を中心に編集されています。

HBCから見逃し配信されていますので、情報共有します。

 https://news.yahoo.co.jp/articles/34ecf306f01f635784d1eb3fdb930f6c74475ddf?source=sns

 youtube版です。
↓↓↓
https://youtu.be/pIPRvKJA860 



   6月20日(火)18時から、札幌大通3丁目公園西側での戦争をさせない北海道委員会の『軍事費増大を許さない!6.20防衛財源確保法反対集会』

 

   「軍拡NO!女たちの会・北海道」の代表、「戦争をさせない北海道委員会」呼びかけ人の室蘭工業大学の清末愛砂さん、弁護士の池田賢太さんらが、「戦争と平和」について訴えました。

 


7


8

8月9日(水)

「軍拡ノー女たちの会北海道」スタンディング

    初めて単独の街頭スタンディングを行いました。

   20人から次第に増えて60人に。全国高校総体開催中のためか、高校が100人以上通行する中 手を振ってくれたり、頑張れ、と言ってくれる生徒も。暑いなかがんばりました。(Yさんから)

 


 8月12日(土)の

「8月ウクライナに平和を 世界に平和を」行動。

 

   晴天に恵まれ過ぎた!ため、日陰方向に位置をずらして毎月恒例の反戦スタンディングを行いました。猛暑、お盆ということもあり、参加者は30名強でした。

 ライブ隊演奏、リレートーク、詩の朗読、歌、最後にコールと、8/15を前にどれも反戦の熱い思いが込められた内容でした。

 参加者の方から「戦争させない大人たちの歌(ライブ隊の替え歌)を口ずさんでいたら、高校生の孫が歌いたいとのこと、歌詞をもらえないでしょうか?」と嬉しいお声がけもありました。

 初参加の方からは最後に笑顔で「良かったです~」との反応も頂きました。参加された皆さん、お疲れさまでした。(Iさんからの報告です)


 不戦の日-8.15北海道集会

(主催:実行委員会/事務局:北海道平和運動フォーラム)

菱山南帆子さん講演

「新しい戦前にはさせない! 若者とシニア世代のつながりを求めて」

 

   お盆最中にもかかわらず250名くらいが参加。よく分かった・面白かった・参考になったなどの感想がたくさん聞かれました。

 

   菱山さんはまだ34歳ですが、現在「許すな!憲法改悪市民連絡会事務局長」。イラク戦争がきっかけで13歳から市民運動に関わってきた「俊英」です。若い人が出てくるっていいですね。

 


24日の『海洋放出に抗議します』

 8月23日(水)17時~18時、大通西3丁目で抗議のライブ&スタンディング。

 急遽の呼びかけでしたが、17時でも33℃(右上)と札幌では信じられない暑い中、20名以上の仲間が集まりました。(この日の札幌は過去最暑の36.3℃)


8月24日

みなさま

暑いなか、連続のスタンディング、お疲れ様でした

本日1時、とうとう、汚染水が海洋投棄されました

漁業者の同意も理解も、国民への説明もなく、、、、海は東電のものではない、岸田のものではない

日本人だけのものではない、地球市民のもの

本日は、福島から札幌にきている地脇さんや、西尾がんセンター元院長も参加。

 多くの外国人観光客の反応がすごかったです

写真はどんどん写され(世界に拡散されるといいな~)

韓国観光客も反応。みんな、ニュースを見ているようでしたね~

 もう放出されたからほっとしている、政府&東電に声を挙げつづけましょう

 ライヴ隊は、中島みゆきの「ファイト」を歌ってくれました。よっしゃ~

ファイトでがんばろう

(山口市民の風共同代表からの報告です)


9

9月9日(土)、札幌駅南口で「ウクライナに 世界に 平和を!」スタンディング 。

毎月第2土曜日に行っています。
   この日は近くで病人が出て救急車が来たため、後半はサイレント・スタンディングになりました。(YさんとKさんから)


ドメイン:siminnokaze-hokkaido.net

管理運営:「戦争させない市民の風・北海道」事務局

事務局mail:kaze-h1@googlegroups.com

郵送先:札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ2F 
    レターケースNO.26

(情報の提供や掲載情報の訂正などについてお知らせください)

 

Twitter