【資 料】


手稲区の公平です。(2020/5/20)
皆様お疲れさまです。

朝日新聞社のYouTubeで世論調査の仕組みについて、詳しく解説している動画がありましたので紹介します。

【世論調査】なぜ朝日新聞の世論調査は内閣支持率が他社より低いのか。世論調査の謎を徹底解明します!
https://youtu.be/EE1iGaF1EPA


メディアによって数字が違うのは、「安倍内閣を支持しますか、支持しませんか」と一度だけ聞くメディアと、一度聞いた後に「お気持ちに近いのはどちらですか」と「重ね聞き」するメディアがある、というのが大きな理由です。
したがって、読売新聞の内閣支持率が朝日新聞と比べて高めに出るのは、「重ね聞き」しているからであって、読売新聞の論調が安倍政権寄りだからではないのです。
また、「安倍内閣を支持しますか、支持しませんか」と一度だけ聞くメディアでも数字のばらつきがありますが、これは調査の時期によって世論の意見が大きく変動することがあるからです。
例えば今月の調査で言うと、ツイッターの「#検察庁法改正案に抗議します」が大きな話題になる前と後の調査では、支持率の数字に大きな違いが出ています。
世論調査に対する不信は恐らく「安倍内閣の支持率がなかなか下がらない」という思い込みから来ているのだと思いますが、長期的に複数の調査を見ていれば、例えば「桜を見る会」が問題になる前の支持率と、現在の支持率では相当変動していることが分かります。
ちなみに朝日新聞の世論調査でいうと、少なくとも昨年の参院選から先月までは、支持政党別の内閣支持率は自民党支持層で約8割、無党派層は約2割という数字で推移していました。
今回、朝日新聞の調査では内閣支持率33%とかなり低い数字が出ましたが、これは自民党支持層の内閣支持率が68%と、先月より12ポイントも下がったことが大きいと思います。
無党派層の内閣支持率は17%とほぼ底を打っている状態なので、今後の安倍内閣の行方は自民党支持層が握っていると言えます。
自民党支持層の内閣支持率が50%を割るような事態になれば、一気に安倍政権崩壊の希望も見えてくるのですが・・・。


◇内閣支持率推移(2019/10~2020/4)




















ドメイン:siminnokaze-hokkaido.net

管理運営:「戦争させない市民の風・北海道」事務局

HP-mail:siminnokaze.hokkaido@gmail.com 

(情報の提供や掲載情報の訂正などについてお知らせください)

 

Twitter