◇ 政治資金収支報告書訂正問題

 この問題については、市民の風・北海道の申し入れで3月8日に、松木さんご本人と立憲民主党道連の梶谷幹事長から市民の風事務局が説明を受けました。
 今回の訂正処理については松木さんが2区補選に出るにあたって松木さんと立憲民主党は「これまでの政治活動について政治資金規制法にかかる問題」などはないかについて、専門の弁護士に調査を依頼していましたが、その結果として今回の訂正処理になったとのことです。
 調査の結果、弁護士から「法律違反ではないが、上限を上回る額が資金管理団体に寄付されたという見方ができ、不適切だ」との指摘があり、ました。そのため報告書の訂正を届けるとともに記者会見をしました。これが今回の報道になっています。
 市民の風・事務局としても政治資金規正法や法解釈の国会答弁、収支報告書を調べ、弁護士の指摘を確認できました。しかし、辞職した吉川たかもり氏のような企業との癒着=収賄のような、いわゆる「政治と金」の問題ではないと判断し「2区補選の統一候補の一人とする」ことに障害は無いものと考え、3月27日の会員集会に報告し、参加会員とこの問題の内容について共有しました。
 松木さんには政治とカネにまみれた現在の政治を変え、クリーンな政治を実現するために先頭に立って奮闘されることを期待します。



財界さっぽろ(2021/3月号) 



ダウンロード
政治資金規正法 のあらまし.pdf
PDFファイル 647.2 KB
ダウンロード
政治資金規正法.pdf
PDFファイル 358.5 KB

【第147回国会答弁書】(2000/3/14 内閣総理大臣小渕恵三)
参議院議員櫻井充君提出政治資金規正法における政治団体への個人献金に関する質問に対する答弁書
     政治資金規正法に関する質問に対する答弁書(平成十二年二月一日内閣参質一四六第一二号)は、個人が複数の政治団体に対して政治活動に関する寄附をし、当該複数の政治団体がそれぞれ同一の公職の候補者の資金管理団体に対して政治活動に関する寄附をする場合には、当該個人が当該複数の政治団体に対してする寄附については、それぞれの政治団体に対してする寄附ごとに同項の規定が適用され、また、当該複数の政治団体が当該資金管理団体に対してする寄附については、個人がするものではないことから、同項の適用はないということを述べたものである。

ドメイン:siminnokaze-hokkaido.net

管理運営:「戦争させない市民の風・北海道」事務局

HP-mail:siminnokaze.hokkaido@gmail.com 

(情報の提供や掲載情報の訂正などについてお知らせください)

 

Twitter